LOG IN

一本線に学ぶ

by 田口 真行

目の前に地面がある。

そこに、『幅25cm、長さ5m程の線』を一本ひいたとする。

多分、ほとんどの人は、その一本線の上を余裕で歩くことができる。

では次に、
その一本線を、地上から30cm浮かしてみる。

多少速度が落ちるかもしれないが、ほとんどの人は歩いて渡ることができるだろう。

では次に、
その一本線を地上から1m、浮かしてみよう。

この高さになると、余裕は減り、渡ることに躊躇する人も出てくるだろう。が、なんとか気合いを入れ、「えいやっ!」と渡ることもできるだろう。

では、さらに、

地上から5m、
いや、思い切って、10m浮かせてみよう。

多分、大半の人は「怖い」だの「落ちたらどうする」だの「私は高いとこ苦手」だのと、何だかんだの理由をつけて渡れなくなり、渡ることを拒否する筈だ。
失敗したら大きな怪我をするだろうし、命を落とすかもしれない。文字通り命がけの覚悟が必要になる。

あらためて言うが、
一本線は、幅も長さも変わってない。

けど、その高さが変わるだけで、人は渡れなくなってしまう。正確には『渡れない理由』から『渡らないための根拠』を次々見つけてしまい、結果、行動が制限される。

渡る一本線の幅も長さも変わってないのにだ。

もちろん、中には何も考えずに高さを無視してサクサク走って渡っちゃうヤツもいる。

そして、その様を見ている『渡らない側の人達』は、それを「勇気がある」だの「怖いもの知らず」だの「疑いを知らない真っ直ぐなバカ」だの評価したりする。

疑いを知らない真っ直ぐなバカと、
それを遠くから見て評価する人たち。この差は大きい。

渡るというミッションを基準にした場合、その差は段違いといえる。

重ねていうが、
一本線の幅も長さも変わってない。

唯一、変化してるのは『高さ』だけだ。


実はこれ、私が講師を務めるセミナーや企業研修の現場で思い出す、例え話。

躊躇せずに渡れた一本線が、
ただ高い位置にきただけで、渡れなくなる。(渡らなくなる)

経験不足や失敗など、様々なリスクを理由に、そこから離脱しようとしてしまう。

中には、
今はまだ知識やスキルが足らないからと「¨高さ¨について勉強してから...」とか言い出しちゃう人もいる。

それがスマートであると、
それが真面目であると、
それが冷静さであると。

踏み出すはずの一歩が、
気がつけば、別の道に向いた一歩に変わる。

『渡ること』に向いていた意識が、
『渡らない理由』に向いてしまう。

疑いを知らぬ真っ直ぐは、成長が早い。

#スキルアップ  #成長  #トレーニング



田口 真行
OTHER SNAPS